◆「蓄光」のメリットと高輝度蓄光式誘導標識
1 進化した「蓄光素材」
2 安全標識りん光材料と蓄光式誘導標識としての反映
3 消防法令における高輝度蓄光式誘導標識板
4 蓄光性素材のその他ラベル・標識への活用と注意点

■進化した「蓄光」素材

■まず『蓄光』とは?
蓄光とは、大まかには、明るい場所で文字の通り「光を蓄える」事によって、周囲の明かりが消えた後にも物質が一定時間発光を続ける事を指します。
この発光現象(=『りん光』)は、『蛍光』とも原理が近いものですが、励起のための周囲の光が消えた状況で発光現象が続くことが大きな違いであり、それを原理として「夜光」の役割を果たします。
そしこうしたて「光を蓄えて発光」(=光を受ける状態と発光する現象との時間差がある)という性質が、「災害・事故などで急に照明が遮断された環境」において、非常に大きな役割を果たすことになります。


実際に今日では『夜光塗料』として使用されているものは、概ねこの『蓄光』である事が殆どですが、これを正確に言うなれば「蓄光性夜光塗料」であって、ここでは暗所で光る事の「夜光」と、そのプロセスや性質が表された『蓄光』の言葉は区別して使用する事が望ましいでしょう。

化学上の正確な定義は別にして、『サイン・標識類の材料としての性質の違い』という視点においては、以下のように簡単に捉えておいても差し支えありません。
 蓄光・蛍光・反射の性質と用途の違い
蓄光』  性質    明るいところで光を蓄える事によって、『暗所でも一定時間発光が続く』
特性・用途  「反射」のような強力な輝きは持たず、暗所での視認性は時間経過とともに徐々に低下してゆくが、光が蓄えられていれば、全く光源のない場所でも一定時間の視認が可能であるため、非常時・停電時における目印として非常に有効である。
 『蛍光』   性質    光・紫外線などに反応して、明かりのある場所では『鮮やかに見える』
 特性・用途 暗所では視認できずく、著しく薄暗い環境や照明によっては機能しない場合があるが、鮮やかな色彩でよく目立つため、日中や照明のある屋内環境で当該箇所の区別明示に適する。
 『反射』    性質    受けた光を反射することで、『暗所でも光源の側からは明るく輝いて見える』
 特性・用途 暗所での視認には光源が必要であるが、光源に向かってその光を反射させる事により、光によっで遠方からでも非常によく目立ち、夜間の工事現場や駐車場、道路標識、そのほか夜間にライトを使用する環境においての視認性が良好である。

■安全で高性能な蓄光素材へ
さて、この蓄光素材の性能が近年において大幅に向上し、標識の用途に限らず般家庭向けの用品にも身近に活用されている事はご存知の方も多いかと思われます。その一方で安全性つまり放射性物質に関する懸念のお問い合わせを頂く場合もあります。
ここで先に述べておきますと、当社・他社を含めて、現在一般的に取り扱われているこうした蓄光素材製品に
放射性物質は含まれていません

確かに初期の時代においての夜光・蓄光素材において長時間視認できるという必要性を満たすには、光のない状態でも励起のための放射線エネルギーを供給する目的で、微量の放射性物質の添加を必要としました。
そうした「自発光性夜光塗料」の添加原料として、かつての夜光時計などにはラジウム(Radium-226)が使用された事があり、それよりも安全性の高いものへの移行としてトリチウム(Tritium)、日本ではプロメチウム(Promethium-147)が使用されましたが、いずれもIAEA(国際原子力機関)やISO(国際標準化機構)定める放射性夜光時計の規格に基づいて、しかるべき放射能量とケースの防護性に適っていなければならないことが前提です。

標識やサインなどにおいては、広い面積での視認性を要求されるうえ直接ユーザーの手の触れることも多いため、こうした自発光性夜光塗料を使用することができず、従って「蓄光性」の標識におけるその輝度性能や残光時間は限られたものとなっていました。

しかし安全性の観点から1993年、国内のメーカーによって「放射性物質を含む自発光性夜光素材」に代わる「性能の高い蓄光性夜光素材」が発明されたことで、蓄光素材は夜光時計・蓄光式サインのほか日用品にいたるまでその優れた利点が広く活用される事となりました。
昨今では防災の観点に加えて省エネとCO2削減上も有用である事から、こうした性能の実現が消防法令や規格に反映されたうえで蓄光式標識、蓄光式誘導標識の定義付けがなされ、現在ではさらに高輝度蓄光式誘導標識としての用途が定められるに至っています。

2 安全標識りん光材料と蓄光式誘導標識としての反映