取扱品目会社案内最新カタログお問い合わせと回答リンク・関連ページ
カテゴリ一覧>  標識と保安用品> 
 標識・保安用品  現場保安用品・安全用品
 詳細 > 各種保護帽(ヘルメット)とマーク・名いれ加工


●各タイプ保護帽の特徴
●保護区分や材質の違いについて

主な形状タイプ (前ひさし型・MP型)
前ひさし型アメリカンタイプ 『100シリーズ』『ベルヴィオSS-700M』 詳細
現代的でスタイリッシュな前ひさし付きのヘルメットの中でも、側面から後面部分にかけて「フチの折り返し」が設けられたものは、首筋への雨だれも防ぐため、屋外での作業に最適です。
ラベルの貼り付けがしやすい平坦なスペースが額前面部分に設けられていますので、企業マーク等をラベルで表記する場合にも便利です。
MPタイプ 『101シリーズ』 詳細
各メーカーともほぼ共通の形状をもつシンプルなMP型ヘルメットは、頭頂部へも高所から地上の作業員を視認するための安全十字マーキングラベルを貼りつける事が可能です。狭小スペースでの作業にもひさしの突き出しが少ないため邪魔になりにくく、壁面の保護に注意を要する建物内の作業(ヘルメットカバー等を併用下さい)にも適しています。

高機能タイプ(透過バイザー型・フェイスシールド内蔵型・カードホルダー内蔵型)
“ベルヴィオ” 透過バイザータイプ『PC-700シリーズ』 ・ フェイスシールド内蔵タイプ『701シリーズ』 詳細
ポリカーボネート製のPC-700 シリーズは、バイザー(ひさし)部分が透過性を備えているため、快適さを保ちながらも広い視野を確保でき、ブーム回転半径内への立入り防止など頭上安全性の向上にも効果が期待できます。
701シリーズにはフェイスシールドが内蔵されており、保安性と利便性を両立させた多機能型ヘルメットとなっています。
IDカードホルダー付タイプ 詳細
サイズ95×65mmのIDカード等を左側面にセットすることが出来ます。

セキュリティが要求される現場や個人の入退場時の管理において、手荷物やカード出し入れの煩わしさもなく、個人名・所属などを示すことが出来ます。

■調整簡単の"Rapidバンド"(ラピッドバンド)仕様
●片手がふさがっていてもサイズ調整が簡単

Rapidバンド式バックバンドはアジャスターがワンプッシュのボタン式になっており、手袋をしたまま片手でも簡単にサイズ調整が可能です。
ボックス部をずらすだけで締め付けることができ、ボタンを押すことで簡単に緩めること(リリース)ができます。